このページの本文へ

しほの涼がOVAで妹役の声優に挑戦。理想のお兄ちゃんは……お風呂上りにメガネ!?

2006年03月28日 21時01分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

写真集やイメージDVDのリリース、映画出演、CDデビューなど、ジュニアアイドルの中でも圧倒的な勢いを見せつけているしほの涼ちゃんだが、今度はOVA“くりいむレモン New Generation”シリーズで声優に挑戦している。その第1巻となるDVD『くりいむレモン New Generation vol.1 亜美 前編 I・妹・美』(発売:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ/3990円)の発売記念イベントが25日、秋葉原の石丸電気ソフト2で行なわれた。

くりいむレモンは80年代に制作されたOVAで、シリーズ全体で200万本以上が売れたと言われるヒット作。2004年には実写で映画化され、ついに今年から“New Generation”シリーズとして復活を果たすことになった。ちなみにこのシリーズ、18禁ではなく放送考査は地上波U局準拠のもの。涼ちゃんはヒロインで小学生の“亜美”の声を担当している。設定では中学生の兄に恋をする女の子。「お兄ちゃんのことが好きなライバルたちがいて、その子たちにいじめられています。でも、だんだん心を開いていきますので、そこをぜひ見てほしいです」とその役どころをアピールした。

声優という仕事については「最初は台本の読み方もわからなくて、普通の演技とは違いましたね。現場はもうパニック!! 通しでやらなくてはいけなかったところも10分とかで区切ってもらったりして頑張りました」と語り、かなり苦労した様子だった。

イベントのトークでは理想のお兄ちゃん像についても言及。それによれば、「お風呂上がりに眼鏡をかけている人。ふだんはコンタクトで、黒ぶちの眼鏡をしている人がいい」とのこと。実際の涼ちゃんには年上の兄弟がいないため、理想像はかなり膨らんでいるようである。ステージの脇には販促用の看板も立っていたが、これは“New Generation”シリーズ全4巻を石丸電気で購入するともらえる特典アイテムでもある。現在は第2巻の『レトルト美女八景』までが発売されていて、第3巻『亜美 後編(仮)』、第4巻『クリーチャーバスター(仮)』は5月の発売予定だ。

蛇足だが、KBS京都やtvkで放送されているアニメ『レモンエンジェルプロジェクト』と“New Generation”シリーズは似て非なるもの。涼ちゃんがヒロインの声優を演じていることは変わらないのだが、ストーリーや登場人物がまったくの別物になっている。



声優という仕事については「最初は台本の読み方もわからなくて、普通の演技とは違いましたね。現場はもうパニック!! 通しでやらなくてはいけなかったところも10分とかで区切ってもらったりして頑張りました」と語り、かなり苦労した様子だった

■プロフィール
しほの涼(しほの・りょう)
生年月日:1991年9月7日生まれ
出身地:神奈川県出身
血液型:A型
サイズ:T170、B82、W57、H78
特技:クラシックバレエ、ピアノ

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ