このページの本文へ

日本ビクター、パソコンなしでモニタリングできるネットワークカメラビューワー『TX-N170RT』を発売

2006年03月06日 19時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ビクター(株)は6日、パソコンを使わずに最大で16台の監視用ネットワークのモニタリングが行なえる“ネットワークカメラビューワ”『TX-N170RT』を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。

『TX-N170RT』
『TX-N170RT』

『TX-N170RT』は、アナログ抵抗膜方式のタッチパネルを搭載した17インチSXGA液晶ディスプレー(1280×1024画素)を搭載し、ネットワークカメラの映像を表示するための機能を内蔵したディスプレー一体型のネットワークカメラビューワー。電源のオン/オフだけで起動/終了でき、HDDレス/ファンレス構造を採用しているのが特徴。カメラ画像の表示は、解像度が640×480画素/320×240画素で、4画面/16画面の分割表示も行なえる。フレームレートは1画面表示では毎秒30フレーム、4画面表示では毎秒20フレーム、16画面表示では毎秒10フレーム程度となる(カメラ/LAN環境により異なる)。圧縮形式はJPEGに対応。カメラ側が対応していれば、レンズ制御(ズーム/アイリス/フォーカスなど)や方向制御(上下/左右)などのコントロールも行なえる。ネットワークインターフェースは10/100BASE-TXを装備し、外部映像入力と出力も搭載する(BNC各1)。本体サイズは幅402×奥行き78×高さ358mm、重量は7kg。電源はACアダプター(DC12V出力)を利用し、消費電流は最大3.0A。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン