このページの本文へ

富士通、スリムデスクトップ“FMV-DESKPOWER CE”にAthlon 64 X2 3800+搭載のカスタムメイドモデルを追加

2006年02月27日 17時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通(株)は27日、デスクトップパソコン“FMV-DESKPOWER CE”シリーズにカスタムメイドモデルを追加し、ショッピングサイト“WEB MART”で販売すると発表した。追加されるモデルは、2GHz動作の『AMD Athlon 64 X2デュアルコア・プロセッサ3800+』を搭載する『FMV-DESKPOWER CE80RN』で、3月中旬から提供する。価格は9万9800円から。

製品イメージ
『FMV-DESKPOWER CE80RN』

『FMV-DESKPOWER CE80RN』は、2005年12月に発表したスリムデスクトップパソコン“FMV-DESKPOWER CE”の春モデルのカスタムメイドモデル。メモリーは512MB/1GB、HDDは200GB、光ドライブはDVD±R DL書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載する。液晶ディスプレーは、17インチ(白)/17インチ(黒)/20.1インチワイド/なしを選択可能。本体サイズは幅89×奥行き366×高さ340mm。OSはWindow XP Home Editionを搭載し、ソフトウェアはスタンダードセットとOffice Personal 2003セットを選択できる。保証期間は3年間。

CE80RNの追加により、従来から提供されている、Sempron 3400+-2GHz、Pentium 4 516-2.93GHz搭載モデルと合わせて、3種類のCPUが選択可能になる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン