このページの本文へ

アクト・ツー、Mac OS X用ウイルス対策ソフト『ウイルスバリア X4』を発売

2005年12月28日 16時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アクト・ツーは28日、仏インテゴ(Intego)社の Mac OS X用ウイルス対策ソフト『ウイルスバリア X4(VirusBarrier X4)』の販売を2006年1月27日に開始すると発表した。価格は8980円。

画面イメージ 製品パッケージ
画面イメージ製品パッケージ
『ウイルスバリア X4』

『ウイルスバリア X4』は、バックグラウンドで動作するソフトで、スキャンを高速化し、システム負荷を小さくしたのが特徴。HDD全体だけでなく、ボリューム/フォルダー/ファイルを指定してスキャンでき、スキャン対象のアイコンをドラッグ&ドロップで開始することもできる。スケジュール(特定日時/毎日/毎週/毎月など)による実行も可能で、作業記録の保存も行なえる。ウイルス定義ファイルの自動更新(NetUpdate機能)も用意されている。対応OSはMac OS X 10.2.8以降。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン