このページの本文へ

シャープ、画像や地図から検索できるコンテンツを収録したカラー電子辞書『PW-N8000』を発売

2005年12月07日 21時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は7日、電子辞書“Papyrus(パピルス)”の新製品として、解説を画像から検索したり、SDメモリーカードに保存した画像を辞書の見出し語にリンクしたりできる“ブリタニカ国際大百科辞典”や、地図から解説を探すことができる“世界遺産100選”などを収録したカラー電子辞書『PW-N8000』を17日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は4万円前後。

『PW-N8000』
『PW-N8000』

『PW-N8000』は、480×272画素の4.3インチASV(Advanced Super V)カラー液晶パネルを搭載し、“ブリタニカ国際大百科辞典”や“世界遺産100選”を収録したのが特徴。“ブリタニカ国際大百科辞典”は約15万4000項目/画像約6400点を収録し、花や動物など約2500枚のカラー画像から検索できる“画像で探す”機能により解説文を見つけるられるほか、携帯電話機やデジタルカメラで撮影してSDメモリーカードに保存した画像を参照できる“画像リンク”機能を搭載し、画像データが収録されていない項目でも、自分で撮影した画像を参照できるようになっている。“世界遺産100選”では、テーマや世界遺産の分類からの検索に加え、世界地図を見ながら世界遺産を探す“地図から探す”機能やカラー画像から検索できる“画像から探す”機能が利用できる。

収録辞書はほかに、見出し語をカラー表示にした“スーパー大辞林”や最新版の“新 家庭の医学”、パラパラアニメで体操の動きが分かる“NHKためしてガッテン「脱・糖尿病」ものぐさ体操”など、国語系7種類、英語系5種類、健康7種類、生活12種類、ライフサポート3種類、ビジネス1種類、旅行8種類の計43コンテンツを収録する。SDカードスロットを利用してコンテンツ(コンテンツカード)を追加できるほか、電子ブックのカラー表示も可能。

本体サイズは幅135×奥行き97.5×高さ21.7mm(閉時)、重量は約299g(リチウムイオン充電池込み)。キーボードはJIS準拠のタイプライター配列を採用している。使用時間は本体コンテンツ使用時で約20時間。ACアダプター(EA-73)が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン