このページの本文へ

日本オラクルとシックス・アパート、企業向けブログ・ソリューションの提供に向けた協業を発表

2005年12月06日 19時38分更新

文● 編集部 内田泰仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクル(株)とシックス・アパート(株)は6日、シックス・アパートのブログ・ソフトウェア“Movable Type(ムーバブル・タイプ)”を利用した企業向けブログ・ソリューションの提供に向けた協業を発表した。両社は今後、日本オラクルの基盤ソフトウェア上で動作する“Movable Type”の提供を行なう予定で、ベータテストの受付を同日に開始した。

デモのシステムの基本構造。Movable Type 3.2とOracle Application Server Portal 10gを組み合わせたシステム社内ポータルの画面。Movable Typeとの連携にはRSSを利用部署ごとのページの画面
この日行なわれた記者説明会で公開された、ブログを活用した社内ポータルの例

今回の協業に基づいて発表された『Movable Type 3.2 Oracle Database 10g 対応版』は、シックス・アパートの従来製品『Movable Type 3.2』のデータベースに『Oracle Database 10g』を利用可能としたもので、企業内向けブログ・サービスを提供する製品。単にブログ・サービスをOracle Database上で動作させるだけでなく、基盤インフラとして統合ミドルウェア環境“Oracle Fusion Middleware”を用いることが可能となるため、“Oracle Collaboration Suite”をはじめとする他のオラクル製品との連携が可能となり、企業内ポータル/ID管理/ファイル共有/スケジューラーなどと企業内ブログの連携を実現するという。

同日に受付が開始されたベータテストは、シックス・アパートのウェブサイト上で所定のフォームに必要事項を入力して申し込む。対象となるユーザーは、『Movable Type 3.2』および『Oracle Database 10g』のユーザー。なお、正式な提供時期や価格、パッケージ形態については、現時点では検討中とのことで明らかにされていないが、シックス・アパートでは、2006年第1四半期中の提供開始を目指すとしている。

日本オラクル アドバンストソリューション本部 本部長の林徹氏。企業内ブログの基盤を“Oracle Database”“Oracle Fusion Middleware”とすることで、統合的なシステムおよびサービス展開を実現するという“Oracle Fusion Architecture”の構造。林氏は、現在のビジネスの変化の早さに対応するためには、ITシステムの即応性が必要だと強調。「ITシステムを運用するためではなく、ITシステムを活用するための環境」を提供すると述べた

この日、日本オラクル本社内で行なわれた記者説明会で、協業の内容について説明した日本オラクル アドバンストソリューション本部 本部長の林徹氏によると、今回の協業は、企業のウェブマーケティングなどに用いられる“ビジネスブログ”分野で定評のあるシックス・アパート製品と“Oracle Database”“Oracle Fusion Middleware”を組み合わせることで、企業内ブログの導入を促進し、企業内における情報流通の活発化を支援することが狙いだとしている。

シックス・アパート 代表取締役の関信浩氏総務省によるイントラネットへのブログ導入の予測。2006年には600社が企業内ブログを導入すると見込まれるという

また、続いて登壇したシックス・アパート 代表取締役の関信浩氏は、ブログのコミュニケーション機能を活用した「低価格な情報システム」として、今後企業内ブログ市場が成長すると予測。すでに同種の製品/ソリューションは登場しているものの、高い信頼性やITシステムの統合化が可能なオラクル製品をベースとした製品を両社のパートナーシップにより展開し、市場にアピールしていくと述べた。

ある大手小売業での企業内ブログの導入例。本部/商品企画と各店舗とのコミュニケーションツールとしてイントラネット上に構築したブログを活用

シックス・アパートは現在、企業でのブログ活用が欧米より進んでいることから、10月から法人向け製品の開発拠点を日本に移動。今回のオラクルとの協業により、企業内ブログ市場における実績を日本で作り、ゆくゆくはワールドワイドに展開していきたいとの目標を示した。なお、今回発表した製品に関しては、2006年で500社程度の顧客獲得を目指すという。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン