このページの本文へ

バッファロー、液晶パネル搭載USB 2.0フラッシュメモリー『RUF2-LD512M』やMMCplus対応のMMC『BRMMC-512M』を発売

2005年11月09日 16時13分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バッファローは9日、空き容量とボリュームラベルを表示できる液晶パネルを搭載したUSB 2.0対応フラッシュメモリーとして、容量が256MBの『RUF2-LD256M』と512MBの『RUF2-LD512M』を12月上旬に出荷すると発表した。価格はオープン。併せて、毎秒52MBの高速データ転送が可能な“MMCplus”規格に対応したマルチメディアカード(MMC)として、容量が512MBの『BRMMC-512M』を11月下旬に出荷する。価格オープン。

RUF2-LD256M/-LD512M
『RUF2-LD256M』『RUF2-LD512M』

『RUF2-LD256M』と『RUF2-LD512M』は、メモリー残量(MB単位、全容量の1/10単位の円グラフ)とボリュームラベル(1バイト文字で11文字まで)を表示できる液晶パネルを搭載したのが特徴。インターフェースはUSB 2.0/1.1に対応し、消費電流は最大250mA。本体サイズは幅25×奥行き13×高さ82mmで、誤消去防止スイッチとストラップホールが用意されている。重量は約20g。対応機種はPC/AT互換機、Power Mac G5/G4/G3、iMac、iBook、PowerBook G4/G3。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE/98、Mac OS X 10.3.9以降。USB延長ケーブル(長さ50cm)が付属する。

BRMMC-512M
『BRMMC-512M』

『BRMMC-512M』は、高速データ転送に対応した“MMCplus”規格に対応したMMC。MultiMediaCard Specification version4.0に準拠しており、ほとんどのSDメモリーカード対応機器で利用できるという。容量は512MB。本体サイズは幅24.0×奥行き1.4×高さ32.0mm、重量は約2.2g。電源は2.7~3.6Vに対応し、消費電力は最大133.2mW。省電力モードもに対応。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン