このページの本文へ

“iPod”のDockコネクタを搭載したカーシガーソケット接続型FMトランスミッタ「iTranser II」が発売!

2005年08月04日 08時31分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デンノーからカーシガーソケットに接続するFMトランスミッタ「iTranser II」が発売された。Dockコネクタとアナログ音声入力端子(ミニジャック)を搭載しており、“iPod”や“iPod mini”を再生しながら充電が可能。Dockコネクタを装備していない“iPod Shuffle”や、その他のポータブルオーディオプレーヤなどは、アナログ音声入力端子に接続して使用する。

FMトランスミッタ&カーチャージャ「iTranser II」

 製品は写真のようにカープラグ/操作部/Dockコネクタの3つから成っており、それぞれの間をケーブルで接続している。ケーブル長は、カープラグ~操作部間が65cm、操作部~Dockコネクタ間が20cm。FMトランスミッタは周波数は77.0MHz~90.0MHzのあいだで0.2MHz刻みで設定可能。操作部に搭載されたバックライト付きの液晶ディスプレイで現在の周波数を確認できる。シガーソケットから電力を供給され、12V車、24V車の両方に対応する。カラーはホワイトとブラックの2色をラインナップ。価格は秋葉館で5880円。

FMトランスミッタ Dockコネクタ
液晶ディスプレイで現在の周波数を確認できる。周波数は77.0MHz~90.0MHzのあいだで0.2MHz刻みで設定可能“iPod”と接続するためのDockコネクタを装備
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ