このページの本文へ

HDDを4台搭載可能なUSB2.0外付けHDDケース「ドライブドア」がパワーアップ! 「ドライブドア テラボックス」が発売

2005年07月02日 20時33分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年2月にセンチュリーから発売された、3.5インチHDDを4台搭載可能なUSB2.0接続の外付けHDDケース「ドライブドア EX35Quat」の後継モデル「ドライブドア テラボックス」が登場した。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2モデルだ。

テラボックス
「ドライブドア EX35Quat」の後継モデル「ドライブドア テラボックス」
ホワイト
搭載するHDDは異なるメーカー、容量でもOKとのこと

 前モデルからの変更点は、リアの80mm角ファン(1600rpm/静音タイプ)にブルーLED搭載タイプを採用したところや、ケース内に装着するHDDの電源/IDEケーブルの取り回しがフロント側から行えるようになったところなど。4台のHDDを個別に認識する“スタンダードモード”や、4台のHDDを1台の大容量HDDとして認識する“コンバインモード”を搭載するなど、基本的な仕様は変わらない。 各ショップでの価格は以下の通り。

リア ブラック
リアの80mm角ファンは1600rpmの静音タイプ。ブルーに光るようになった従来は搭載するHDDの電源/IDEケーブルの取り回しをする際にケースを開けて作業をしなければならなかったが、今回の製品からフロント側から行えるようになった
価格 ショップ
センチュリー
「ドライブドア テラボックス」
\18,868 クレバリー1号店
\18,800 テクノハウス東映
パソコンハウス東映
\19,800 高速電脳
T-ZONE.PC DIY SHOP
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ