このページの本文へ

秋葉館オリジナルのSerial ATA対応外付けHDDケース「AKB35SA-W」が発売に

2005年06月12日 18時59分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉館オリジナルのSerial ATA対応の外付けHDDケース「AKB35SA-W」が発売された。外付けケースを同梱の外部出力ブラケットを通して、PC内部のSerial ATAポートに接続することが可能となっている。

本体
秋葉館オリジナルのSerial ATA対応の外付けHDDケース「AKB35SA-W」
インターフェイス
背面に用意されているインターフェイスはSerial ATAポート×1と電源端子のみ

 同製品はSerial ATA接続の3.5インチHDD用のケースで、カラーはホワイトのみ。フロント部分には青く発光するLEDが搭載されている。外付けケースのインターフェイスはSerial ATAコネクタ×1と専用形状の電源供給ポートのみ。
 付属の外部出力ブラケットには、Serial ATAのポートとHDDケースに電源供給するためのポートを用意しており、電源はPCケース内部の12V4ピン電源を利用できる。また同梱されるACアダプタを直接HDDケース接続して供給することも可能だ。Serial ATAケーブルの接続は、マザーボードにSerial ATAポートを搭載している場合にはブラケットのSerial ATA延長ケーブルをそのまま接続。非搭載の場合にはSerial ATAカードを別途接続する必要があるため2スロット必要だ。現在同ショップで取扱中で、価格は5800円だ。

ブラケット 内部
付属のブラケット。Serial ATAの延長ケーブルと12V4ピンの電源変換コネクタが装備されているケース本体にはUSBやIEEE1394接続の外付けHDDケースに搭載されているようなデータ変換基盤は搭載されておらず、延長ケーブルや変換ケーブルが用意されているのみ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ