このページの本文へ

デル、Windows Server 2003 x64 Editions搭載“PowerEdge”サーバーの提供を開始

2005年06月20日 17時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は20日、サーバー製品“PowerEdge(パワーエッジ)”シリーズに、64bitサーバーOS『Microsoft Windows Server 2003 x64 Editions』日本語版をプレインストールした製品の提供を21日に開始すると発表した。OSは『Windows Server 2003, Standard x64 Edition』と『Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition』を選択できる。併せて、付属するサーバー管理ソフトも64bit対応の『OpenManager 4.4』となる(SCシリーズを除く)。

プレインストール対応製品/最小構成価格は、PowerEdge SC1420/16万7370円、同 SC1425(18万2175円)、同 1800(22万1550円)、同 1850(27万9825円)、同 1855(エンクロージャー込みで63万2100円)、同 2800(36万6450円)、同 2850(38万9550円)、同 6800(77万4900円)、同 6850(87万9900円)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン