このページの本文へ

LG電子ジャパン、32インチワイド液晶ディスプレー『L3200AT』を発売

2005年04月06日 19時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LG電子ジャパン(株)は5日、視野角が上下/左右178度の“S-IPS(Super In-Plane Switching)”パネルを採用した32インチワイド液晶ディスプレー『L3200AT』を同日付けで発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は47万円前後。

『L3200AT』
『L3200AT』

『L3200AT』は、解像度は1366×768画素(WXGA)で約1670万色表示に対応した液晶ディスプレーで、輝度は500cd/m2、コントラスト比は1000:1、応答速度は18ms。水平同期周波数は30k~83kHz、垂直同期周波数は56~85Hz。入力はアナログRGB(ミニD-sub15ピン)、デジタル(DVI-D)、コンポーネント、S-Videoに対応。電源はAC90V~264Vで、消費電流は最大34W(DPMSモード時160W(待機時4W)。本体サイズは幅803×奥行き192.5×高さ540mm(スタンド込み)、重量は19.3kg。VESAマウント(200mm)に対応する。

オプションとして壁掛け用の専用フックを用意しており、商業施設のインフォメーションボードや会議室のモニターに適しているとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン