このページの本文へ

シャープ、クレジットカードサイズで厚さ9.4mmのオーディオプレーヤー『MP-A100』『MP-A200』を発売――FMトランスミッターを内蔵!

2005年03月31日 20時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は31日、FMトランスミッターとフラッシュメモリーを内蔵したポータブルオーディオプレーヤーとして、容量が256MBの『MP-A100』と、512MBの『MP-A200』の2製品を4月15日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、『MP-A100』が1万5000円前後、『MP-A200』が2万円前後。

『MP-A100』『MP-A200』
『MP-A100』『MP-A200』

『MP-A100』と『MP-A200』は、パソコンと接続し、音楽配信サイトからの録音や音楽CDからの録音のほか、内蔵FMチューナーからの録音、オーディオ機器を直接接続しての録音、ボイスレコーディングなどが可能。FMトランスミッター(送信機、7周波数を切り替え可能)も内蔵しており、カーオーディオやオーディオコンポに無線で出力することもできる。再生対応ファイル形式はWMA(32k~192kbps、DRM対応)、MP3(8k~320kbps、VBR対応)で、録音ファイル形式はMP3。ボイスレコーディングは256MBあたり最大5時間(品質:低/96kbps)。

再生機能では、6種類(ノーマル/ジャズ/ロック/クラシック/ポップス/バス)のイコライザー(EQ)が用意されている。音楽ファイルに埋め込まれたID3タグを読み取って、自動でアルバムリストやアーティストリストなどを作成する“オートリスティング”機能、聴きたい曲だけを選択して再生できる“お気に入り再生”機能(プログラム再生機能)も搭載している。液晶ディスプレーは10文字×5行表示(バックライト付き)に対応し、30文字ずつ歌詞情報を表示することが可能(歌詞データがない場合は付属の歌詞編集ソフトで歌詞データを保存できる)。操作はスクロールキーで行なう。

本体サイズは幅54×奥行き85.6×高さ9.4mm、重量は約70g。本体カラーがホワイトの『MP-A100-W』『MP-A200-W』とレッドの『MP-A100-R』『MP-A200-R』の4モデルをラインアップする。インターフェースはUSB 2.0に対応しており、USBメモリーとして利用することもできる。歌詞編集ソフトの対応OSは、Windows XP/2000/Me/98 SE。対応機種はPentium II-300MHz以上を搭載したPC/AT互換機。

電源はリチウムポリマー充電池を内蔵し、最大20時間の連続再生が行なえる。製品には、ヘッドホン、ACアダプター、USBケーブル、ラインインケーブル、プラグ変換ケーブル(3.5mm径→2.5mm径)、ソフトケースなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン