このページの本文へ

“K8T800 Pro”搭載マザーがGigabyteから登場

2005年02月23日 22時25分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteからチップセットに“K8T800 Pro”を搭載したSocket 939対応マザーボード「GA-K8V Ultra-939」が登場した。

本体
“K8T800 Pro”を搭載したSocket 939対応マザーボード「GA-K8V Ultra-939」

 拡張スロットはAGP×1、PCI×5となっており、メモリスロットはデュアルチャンネルに対応したDDR400対応のものを4本用意。最大4GBまで搭載可能だ。チップセットは“K8T800 Pro”+“VT8237R”という構成。Serial ATAポートが4つ装備されており、“VT8237R”チップによるRAID 0/1と、Silicon Image製チップ“Sil3512”によるRAID 0/1をサポートする。インターフェイスは、8chオーディオ、IEEE 1394bなどがオンボード。デュアルLANポートを搭載しており、Realtek製“RTL8201”による10/100BASE-TXと、“RTL8110S”によるギガビットイーサネットをサポートする。そのほかインターフェイスとして、USB 2.0×4、アナログ音声入力×1、出力×1などを搭載。付属品としてチップセットを冷却するための専用ファンが付属する。価格はアークで1万5480円、Onenessで1万5750円、フェイスで1万5970円。

 
拡張スロット メモリスロット
拡張スロットはAGP×1、PCI×5デュアルチャンネルに対応したDDR400対応のスロットを4本用意しており、最大4GBまで搭載可能
チップセットに“VT8237R”を搭載することにより、Serial ATA RAIDをサポートするをSilicon Image製チップ“Sil3512”によりRAID 0/1もサポート
ファン IEEE1394b
チップセットにはヒートシンクがあらかじめ搭載されているが、強制冷却するため専用ファンが付属する800Mbpsでのデータ転送が可能なIEEE 1394bに対応する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ