このページの本文へ

マイクロソフト、Windows Server 2003, x64 Edition日本語版とWindows XP Professional x64 Edition日本語版の早期評価プログラムを開始

2005年01月27日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は27日、x86上位互換の64bit拡張テクノロジー“AMD64”と“Intel Extended Memory 64 Technology(EM64T)”に対応したWindows OSの製品候補版『Microsoft Windows Server 2003,Enterprise x64 Edition Release Candidate 1 日本語版』と『Microsoft Windows XP Professional x64 Edition Release Candidate 1 日本語版』の提供をダウンロードとCD-ROMで提供する早期評価プログラムを開始したと発表した。

これは、ソフトウェア開発者や企業のIT管理者向けに早期にテストを行なえる機会を提供することで、対応したアプリケーションの開発などの準備を行なえるようにするのが目的。

オンラインサービスでは、同日付けでウェブサイトからのダウンロードにより『Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition RC』『Windows XP Professional x64 Edition RC1』の提供を開始する。料金は無料。

CD-ROMは、『Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition RC CD-ROM』を郵送により提供するもので、同日付けで受け付けを開始し、2月初旬に発送を開始する予定。費用は実費(1050円、送料込み)。

同社は併せて、Windows 64-bit開発者向けに“Windows 64-bit デベロッパーセンター”を開発したことも発表した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン