このページの本文へ

富士通ラーニングメディア、“IT スキル標準”に対応したスキル診断サービス“SkillCompass/ITpro IT スキル標準版”に“セールス”や“アプリケーションスペシャリスト”など6専門分野を追加

2005年01月20日 21時34分更新

文● 編集部 新海宏一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)富士通ラーニングメディアは20日、経済産業省が策定した“IT スキル標準”(※1)に対応したITスキル診断サービス“SkillCompass/ITpro IT スキル標準版”に、新たに“セールス”や“アプリケーションスペシャリスト”など6種類の専門分野を追加し、2月8日に提供を開始すると発表した。1人あたりの料金は1万円(同時診断100人まで、税別)から。

診断結果のイメージ
診断結果のイメージ
※1 IT スキル標準 2002年12月に経済産業省が策定した、各種IT関連サービスの提供に必要な実務能力を体系化した指標で、ITサービス・プロフェッショナルの育成を図るうえでの共通枠組となるもの。IT産業における“コンサルタント”や“プロジェクトマネージメント”“ITアーキテクト”など11職種38種類の分類項目を用意する。なお、これまで企業個別に規定していた各技術者の能力レベルを共通化する目的で、各項目には能力や実績ごとに7段階のレベルが設定されている。

“SkillCompass/ITpro IT”は、2003年3月に同社が開始したサービス。1時間の自己評価とテストを実施することにより、個人の各分野でのスキルレベルと、得意分野や苦手分野を客観的に把握できるのが特徴。オプションを利用すれば、同社が蓄積したデータを基に、同業他社などとの比較を行なうことも可能。“SkillCompass/ITpro IT スキル標準版”では、2002年12月に経済産業省が策定した“IT スキル標準”をベースにしたスキル診断が可能となっているという。

今回追加したのは、“セールス(訪問型製品セールス)”“アプリケーションスペシャリスト(業務パッケージ)”“ソフトウェアデベロップメント(基本ソフト・ミドルソフト)”“オペレーション(システムオペレーション・ネットワークオペレーション)”の6専門分野。対応職種の追加により、IT技術者のプロフェッショナル化とITサービス産業の競争力強化を促進できるとしている。

2つの専門分野について診断でき、1人あたりの料金は1~100人までが1万円(税別)、101~500人までが9000円(税別)、501~2000人までが7000円(税別)、2001人以上が5000円(税別)となる。初年度50社1万5000人の利用を見込む。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン