このページの本文へ

バッファロー、GbEとNDASに対応したLAN接続型HDD『HD-HB250GLU2』2製品を発売

2005年01月19日 18時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バッファローは19日、Gigabit Ethernetと“NDAS”テクノロジーに対応したLAN接続型HDDとして、容量が160GBの『HD-HB160GLU2』と250GBの『HD-HB250GLU2』の出荷を1月下旬に開始すると発表した。価格は、『HD-HB160GLU2』が2万8500円(税別)、『HD-HB250GLU2』が3万3800円(税別)。

『HD-HB160GLU2』『HD-HB250GLU2』
『HD-HB160GLU2』『HD-HB250GLU2』

『HD-HB160GLU2』と『HD-HB250GLU2』は、Gigabit Ethernetのほか、サーバーやホストなしでTCP/IPネットワークに接続できる独自の高速プロトコルを持つ米XIMETA社の“NDAS(Network Direct Attached Storage)”テクノロジーを採用したLAN接続型のHDD。転送速度は最大で毎秒約50MB。LAN接続の共有HDDとして利用できるほか、複数台をLAN接続すれば、ストライピング(RAID 0)/ミラーリング(RAID 1)/スパンニング(複数台を1台のドライブとして認識)の設定も行なえる。インターフェースは10/100/100BASE-TとUSB 2.0/1.1を装備しており、USB接続の外付けHDDとしても利用可能。ドライブユニットは毎分7200回転で流体軸受けタイプを採用し、放熱効果を高めた“ヒートシンクボディ”によるファンレス設計を採用するなど、放熱性と静音性高めたという。

本体サイズは幅52.9×奥行き164.0×高さ173.0mm、重量は1.45kg。電源はAC100Vで、消費電力は最大25W。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSは、LAN接続時がWindows XP/2000、USB接続時がWindows XP/2000/Me/98 SE/98。アプリケーションとして、システムバックアップソフト『Acronis True Image LE』、フォルダーバックアップソフト『簡単バックアップ』、HDDへのアクセスを監視して自動で電源を落とすソフト『省電力ユーティリティ』、アルバムソフト『蔵衛門デジブックPLUS』、ウイルス対策ソフト『ウイルスバスター2005 インターネットセキュリティ90日版』が付属する。製品には、USBケーブル(長さ1m)、LANケーブル(GbE対応フラットケーブル/ストレート/長さ1m)、縦置き用スタンド、横置き用ゴム足などが同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン