このページの本文へ

GA-K8S760M

GA-K8S760M

2005年01月18日 00時00分更新

文● 鈴木 雅暢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GA-K8S760M

日本ギガバイト

1万2000円前後(実売価格)

「GA-K8S760M」
「GA-K8S760M」

 GIGABYTEの「GA-K8S760M」は、Athlon 64プラットフォーム初のビデオ機能統合チップセット「SiS760」を搭載したMicroATXマザーボードだ。チップセット内蔵ビデオ機能のほか、5.1chオーディオ、100BASE-TX LAN、IEEE1394などを搭載。SiS964内蔵のシリアルATA RAID機能も利用できる。BIOSにもCPUやメモリに関する一通りの設定項目が用意されており、付属品こそ簡素だが、コンシューマユーザーにも使いやすい仕様となっている。

 ビデオ機能統合チップセットは、システム全体のコスト削減のためにビデオメモリとしてメインメモリの一部を使う方式(UMA)が一般的だが、SiS760では、このUMA方式だけでなく、別途専用のローカルフレームバッファ(LFB)を搭載することもできるのが特徴。Athlon 64プラットフォームではCPUにメモリコントローラが内蔵されているため、これまでのIntelやAthlon XPプラットフォームよりもUMAの設計は難しい。そのため開発が遅れていたが、結局設計がシンプルで性能面でも有利なLFB方式と、コスト面で有利なUMA方式の両対応ということでデビューした。

Athlon 64プラットフォーム初のビデオ統合型チップセット「SiS760」
Athlon 64プラットフォーム初のビデオ統合型チップセット「SiS760」のノースブリッジ。LFBとしては64MBのDDR400 SDRAM(Hynix製)を実装している。

 本製品では64MBのLFBを搭載し、BIOSではUMAとLFBどちらを利用するか選ぶことも可能になっている。今回は両方の方式でベンチマークを実施したが、LFB利用時は3D系ベンチマークをのぞけば外部AGPカード利用時と同等の優秀な結果。また、特にUMAでも実用上支障はないように思える。コスト優先でLFBを省いた製品も出てくるかもしれない。

各種ベンチマークテストでSiS760の実力を確認!!

●Sandra2004 SP1の結果

Sandra2004 SP1の結果

●PCMark04の結果

PCMark04の結果

●Windows Media Encoder 9の結果

Windows Media Encoder 9の結果

●Final Fantasy XI Vana'diel Bench2の結果

Final Fantasy XI Vana'diel Bench2の結果

●テスト環境

CPU
Athlon 64 3200+
メモリ
PC3200 DIMM 512MB
HDD
HGST Deskstar7K250
OS
Windows XP Professional(SP1)

 これまでAthlon 64プラットフォームはビデオ内蔵チップセットが存在しなかったことでシステム全体としてコスト面や消費電力の面で不利だった。特にスモールフォームファクターが前提の大手メーカーへの採用はビデオ統合チップセットなしでは苦しいものがあった。SiS製チップセットは安定性にも定評があるだけに、このSiS760の登場がAthlon 64の普及への1つのきっかけになるかもしれない。

GA-K8S760Mの主なスペック
製品名 GA-K8S760M
対応CPU(ソケット) Athlon 64(Socket754)
チップセット SiS760/SiS964
メモリソケット 184ピンDIMM×3
対応メモリ DDR400/333/266
拡張スロット AGP×1、PCI×3
FSBクロック 200~250MHz(1MHz刻み)
AGPクロック 自動設定
CPUコア電圧 Normal、+5%、+7%、+10%
DIMM電圧 Normal、+0.1V、+0.2V、+0.3V
AGP電圧 Normal、+0.1V、+0.2V
サウンド 5.1チャンネル出力(ALC655)
LAN 10/100BASE-TX(RTL8100C)
IEEE 1394 S400/3ポート(TSB43AB23)
SATA RAID RAID 0/1(SiS964)
BIOS保護機能
バックパネルI/O PS/2×2、USB 2.0×4、LAN、パラレル、シリアル、アナログRGB、ライン入力、ライン出力、マイク
ブラケットI/O
ボードサイズ 244(W)×244(D)mm
主な付属品 SATAケーブル、フラットケーブル2本、英語マニュアルなど

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中