このページの本文へ

CESA、2003年度の優秀なゲームを選ぶ“第8回CESA GAME AWARDS”受賞作品を発表――最優秀賞は『モンスターハンター』が受賞

2004年10月27日 22時31分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“第8回CESA GAME AWARDS”の受賞者
“第8回CESA GAME AWARDS”の受賞者

コンピューターエンターテインメント産業各社で構成する業界団体(社)コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は27日、優秀なコンピューターエンターテインメント作品を表彰する“第8回CESA GAME AWARDS”の受賞作品を発表した。昨年度に発売されたゲームを対象とする“GAME AWARDS 2003-2004”では、最優秀作品に(株)カプコンの『モンスターハンター』が選ばれた。

GAME AWARDS 2003-2004の最優秀賞は『モンスターハンター』(カプコン)が受賞。壇上ではディレクターの藤岡氏(左)とプロデューサーの田中氏(右)が開発チームを代表して謝意を述べた

CESA GAME AWARDSは、2003年4月1日から2004年3月31日の間に国内で発売されたゲームソフトを対象とするGAME AWARDS 2003-2004、“東京ゲームショウ2004”で発表・展示されたゲームを対象とする“GAME AWARDS FUTURE”、そして今回より新設された未発表のゲームを対象とする“GAME AWARDS INDIES”の3カテゴリーから構成される。選考は一般からの投票に加えて、CESA GAME AWARS選考委員会による審査を経て行なわれる。特にGAME AWARDS 2003-2004は、事実上2003年度の最も優れたゲームを決める賞と言える。

GAME AWARDS 2003-2004

最優秀賞に選ばれたモンスターハンターは、2004年3月11日に発売されたプレイステーション2用のアクションRPGで、インターネット経由でのマルチプレイにも対応する。すでに拡張版の発売も予定されている人気タイトルだ。人気タイトルの続編や、映画・アニメとのコラボレーションタイトルが多い昨今のゲーム市場においては、新規のオリジナルタイトルでの受賞には大きなインパクトがあるだろう。

2003年度に最も多くのセールスを記録したゲームに与えられる“ベストセールス賞”には、『ポケットモンスター ファイアレッド/リーフグリーン』(国内219万本、全世界では2004年9月までで600万本)が選ばれた。同作品は優秀賞とベストセールス賞のダブル受賞でもあり、ポケモン人気は未だに衰えることを知らないようだ。また海外市場で最も高い評価を得たタイトルに与えられる“グローバル賞”には、海外企業作品部門で『ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド』、日本企業作品部門で『エキサイティングプロレス5』が、選考委員の推薦による特別賞には、『EyeToy:Play』『剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣』『ファミコンミニ シリーズ』などが選ばれた。

受賞 タイトル 社名 プラットフォーム
最優秀賞 モンスターハンター カプコン PS2
優秀賞 鬼武者3 カプコン PS2
塊魂 ナムコ PS2
逆転裁判3 カプコン GBA
グランド・セフト・オートIII カプコン PS2
戦国無双 コーエー PS2、Xbox
テイルズ オブ シンフォニア ナムコ ゲームキューブ
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 スクウェア・エニックス PS2
ポケットモンスター ファイアレッド/リーフグリーン ポケモン GBA
みんなのGOLF4 ソニー・コンピュータエンターテインメント PS2
ワールドサッカーウイニングイレブン7 コナミ PS2
ベストセールス賞 ポケットモンスター ファイアレッド/リーフグリーン ポケモン GBA
グローバル賞 エキサイティングプロレス5 ユークス PS2
ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド エレクトロニック・アーツ PS2、ゲームキューブ、Xbox、GBA、PC
特別賞 EyeToy:Play ソニー・コンピュータエンターテインメント PS2
剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣 スクウェア・エニックス
ファミコンミニ シリーズ 任天堂 GBA

GAME AWARDS INDIES

今回で新設されたGAME AWARDS INDIESは、プロ/アマを問わず製品化されていない作品を対象に選考を行なう新しい賞である。現代のゲーム開発は大規模化、高度化が著しく、組織の支援のない個人が独創性を発揮したゲームを開発するのは難しくなっている。良い意味でのアマチュアリズムを発揮する場を与えて奨励するとともに、ゲーム産業の活性化も狙うアイデアとしては評価できよう。

GAME AWARDS INDIESの大賞は、ゲーム専門学校でプログラミングの講師を務める生島大氏の制作した『バーガーメーカー』が受賞した。生島氏は受賞のコメントの中で、「学生にゲームのアイデアについて相談を受けた際に、ハンバーガーをバラバラにして組み合わせてメニューにするというのを提案したら、いまいち受けが悪く、おもしろくないのではと言われてしまった。じゃあ自分で作ろうと意地で作った」という裏話を披露し、会場の笑いを誘った。

GAME AWARDS INDIES大賞を受賞した生島大氏(左) 大賞受賞作の『バーガーメーカー』。バラバラに落ちてくるハンバーガーの材料を積み重ねて、お客の注文に合うハンバーガーを作るパズルゲーム。注文を間違うとお客に罵声を浴びせられる
GAME AWARDS INDIES大賞を受賞した生島大氏(左)大賞受賞作の『バーガーメーカー』。バラバラに落ちてくるハンバーガーの材料を積み重ねて、お客の注文に合うハンバーガーを作るパズルゲーム。注文を間違うとお客に罵声を浴びせられる
受賞 タイトル 制作者 プラットフォーム
大賞 バーガーメーカー 生島 大 PC
優秀賞 MANNEKENPIS 小沼 雅嗣 PC

GAME AWARDS FUTURE:FUTURE賞

GAME AWARDS FUTUREは、2004年9月24~26日に行なわれた“東京ゲームショウ 2004”に出展された時点での未発売タイトルの中から、一般ユーザーの投票によって期待のタイトルを選ぶ賞である。FUTURE賞として『ドラゴンクエストVIII』や『biohazard4』などの11タイトルが選ばれた。

FUTURE賞を受賞した『ドラゴンクエストVIII』のスタッフを代表して、ドラクエ生みの親の堀井雄二氏が感謝のコメントを述べた。発売予定日は11月27日
FUTURE賞を受賞した『ドラゴンクエストVIII』のスタッフを代表して、ドラクエ生みの親の堀井雄二氏が感謝のコメントを述べた。発売予定日は11月27日
タイトル 社名 プラットフォーム
キングダムハーツII スクウェア・エニックス PS2
グランツーリスモ4 ソニー・コンピュータエンターテインメント PS2
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 スクウェア・エニックス PS2
バーンアウト3:テイクダウン エレクトロニック・アーツ PS2
biohazard4 カプコン ゲームキューブ
Halo 2 マイクロソフト Xbox
METAL GEAR SOLID3 SNAKE EATER コナミ PS2
ラジアータ ストーリーズ スクウェア・エニックス PS2
ロックマン エグゼ5 チーム オブ カーネル/チーム オブ ブルース カプコン GBA
ワンダと巨像 ソニー・コンピュータエンターテインメント PS2

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン