このページの本文へ

ソニーマーケティング、ホームシアター用フルデジタルアンプ『TA-DA7000ES』を発売

2004年09月03日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は3日、スーパーオーディオCDやDVDなどの音声信号を入力から出力までフルデジタルで処理する独自技術“S-Master PRO”を採用したホームシアター用パワーアンプ“マルチチャンネル・インテグレート・アンプ”『TA-DA7000ES』を11月21日に発売すると発表した。価格は24万1500円。

『TA-DA7000ES』
『TA-DA7000ES』

『TA-DA7000ES』は、“マルチチャンネル・インテグレート・アンプ”の最上位機種『TA-DA9000ES』と同じフルデジタルアンプ“S-Master PRO”を採用したのが特徴。入力から出力までを32itのデジタル処理で行なうほか、音源のデジタルデータ構成を変化させずに音量調整を行なう“パルスハイト・ボリューム”機能や、ジッターを低減して歪みのない音を再現するためのノージッターフロー制御伝送技術“H.A.T.S.”を搭載しているという。設置環境や入力ソースの状態に合わせて調整する機能として、スピーカーの距離設定機能、映像/音声の時間差を補正するA/Vシンク機能(リップシンク機能)も用意されている。

1チップあたり150Wの大出力デバイスを7チャンネルぶん搭載しており、5.1ch~9.1chに対応。インターフェースは、音声系にはi.LINKや光デジタルを採用し、映像系にはコンポーネント/Sビデオ/D4/HDMIを採用。周波数特性は10Hz~50kHz(±3dB)で、S/N比は100dB(LINE)。電源はAC100Vで消費電力は200W。本体サイズは幅430×奥行き475×高さ174mm、重量は23.5kg。AVリモコンと簡単リモコンが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン