このページの本文へ

ラシージャパン、DVD+R DL書き込み対応の外付け型DVD±R/±RWドライブ『LaCie d2 Double Layer DVD±RW 8x Fast FireWire』などを発売

2004年07月06日 22時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラシージャパン(株)は6日、DVD+R DL(Double Layer:片面2層)書き込みに対応したDVD±R/±RWドライブとして、FireWire×2ポートを搭載した外付け型の『LaCie d2 Double Layer DVD±RW 8x Fast FireWire』と、内蔵型の『LaCie Internal Double Layer DVD±RW 8x』の2製品を発表した。7月中旬に発売する予定。同社のオンライン販売では、外付け型を2万4980円、内蔵型を1万5979円で販売する。

外付け型
『LaCie d2 Double Layer DVD±RW 8x Fast FireWire』

『LaCie d2 Double Layer DVD±RW 8x Fast FireWire』は、DVD±Rの8倍速書き込み、DVD±RWの4倍速書き換え、DVD+R DLの2.4倍速書き込み、CD-Rの32倍速書き込み、CD-RWの16倍速書き換え、DVD-ROMの12倍読み出し、CD-ROMの40倍速読み出しに対応した外付け型ドライブ。インターフェースはFireWire(IEEE 1394)×2ポートを搭載する。バッファーメモリーは2MB。本体サイズは幅173×奥行き268×高さ43mm、重量は1940g。対応OSは、Mac OS 9.1以降、Mac OS X 10.1.2以降、Windows 98 SE/Me/2000/XPで、片面2層書き込みには、Mac OS X 10.2.3以降、Windows 2000/XPが必要。アプリケーションとして、CD/DVDライティングソフト『Toast Lite 6.0.6L』(Mac OS X対応)やオーサリングソフト『Capty DVD 2.1.0 LE』(Mac OS 9.1以降、Mac OS X 10.2.3以降に対応)、CD/DVDライティング&オーサリングソフト『Roxio Easy Media Creator 7 Basic』(Windows 2000/XP対応)ほかが付属する。

インターフェースがFireWire×2、USB 2.0×1のモデル『LaCie d2 Double Layer DVD+/-RW 8x U&I』はすでに販売を開始している。

内蔵型
『LaCie Internal Double Layer DVD±RW 8x』

『LaCie Internal Double Layer DVD±RW 8x』は内蔵型のモデル。書き込み/書き換え/読み出し速度や対応OSなどは『LaCie d2 Double Layer DVD±RW 8x Fast FireWire』と同じで、インターフェースはIDEとなる。本体サイズは幅148×奥行き197.7×高さ42.3mm。アプリケーションのうち『Capty DVD 2.1.0 LE』は同梱されない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン