このページの本文へ

ネオジャパン、ウェブグループウェア『desknet's V4.2』を発売

2004年07月05日 18時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ネオジャパンは5日、ウェブグループウェア『desknet's(デスクネッツ)』の最新版となる『desknet's V4.2(Version4.2)』を26日に発売すると発表した。中小規模向けの『desknet's スタンダード版』に対応したもので、ライセンス価格は5ユーザーライセンスの4万1790円から無制限ユーザーライセンスの104万7900円まで。

『desknet's』は、スケジュール/ToDo/ウェブメール/伝言所在/タイムカード/設備予約/ワークフロー/回覧板/電子会議室/文書管理/購買予約/備品管理など21種類の機能を利用できるウェブ対応のグループウェア。

トップポータルのイメージ
トップポータルのイメージ

新機能として、指定したURLの画面をdesknet'sのトップページに表示できる“ポータルメニュー画面設定”が追加されポータルとして利用可能になったほか、オプションのメニューにリンクを登録していたURLをタブメニューで表示できるようになったのが特徴。アクセス権の設定も行なえる。スケジュールの承認/否認や、リッチテキスト形式での編集などの機能も追加されている。既存機能も強化されており、“設備予約”では利用時間帯/連続利用可能最大時間/予約可能期間の設定が追加され、“タイムカード”では休憩時間の設定や10/15/30分単位の丸め設定にも対応。“電子会議室”ではトピックごとの記載内容のエクスポート(CSV形式)に対応。携帯電話からウェブメールを参照する際の受信日時を表示し、未読メールにはアイコンを表示するようになったという。

ウェブサイトからのダウンロードにより提供する。従来バージョンからのアップデートは無償。それ以前の『iOffice標準版』からアップデートについては、有償保守サービス契約を結んでいる場合は無償となる。対応OSはWindows、UNIX、Linuxなど。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン