このページの本文へ

ソニーマーケティング、“QUALIA”ステレオイヤーレシーバー『MDR-EXQ1』を発売

2004年07月01日 19時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は1日、、“人の心に訴えるモノづくり”を、技術/デザイン/設計/製造に渡るあらゆる面で最大限に追求し、販売/サービスまでを通じて“感動価値”の創造を目指していくという“QUALIA(クオリア)”の新製品として、密閉型インナーイヤーレシーバー『MDR-EXQ1』を同日付けで発売すると発表した。真鍮削り出しボディーのポータブルMDプレーヤー“QUALIA 017”『Q017-MD1』専用に開発されたもので、価格は2万1000円。

写真1 写真2
『MDR-EXQ1』

『MDR-EXQ1』は、精度を高めた真鍮削り出しのハウジングと高磁力ネオジウムマグネットを採用したインナーイヤー型レシーバー。『Q017-MD1』に付属しているレシーバーを、リクエストに応えて単体販売することにしたもの。

本体は密閉ダイナミック型で、ドライバーユニットの口径は9mm(CCAWボイスコイルを採用)。ネオジウムマグネットは440kJ/m3。再生周波数帯域は5Hz~24000Hz。出力音圧レベルは101dB/mW。インピーダンスは16Ω。本体重量は約11g。プラグは3.5mm径の金メッキステレオミニプラグ。延長コード(長さ1.0m)、本皮キャリングケース、イヤーピース(S・M・L)が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン