このページの本文へ

インターネット、教則ビデオと追加アレンジデータを同梱した『Singer Song Writer Lite 4.0 for Windows マスター・ボックス』を発売

2004年05月13日 22時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットは13日、初心者向け音楽作成ソフト『Singer Song Writer Lite 4.0 for Windows』に教則ビデオと追加アレンジデータをセットにしたキャンペーン版として『Singer Song Writer Lite 4.0 for Windows マスター・ボックス』を21日に発売すると発表した。価格は1万6500円(税別)。

Singer Song Writer Lite 4.0 for Windows』は、同社が2002年に発表した音楽作成ソフトで、2003年末にはNHK教育テレビの番組“趣味悠々”でリファレンスソフトとして利用されたという初心者向けの製品。鼻歌で音符(メロディー)入力が行なえるほか、既成曲のメロディーをモチーフにした新しいメロディーの自動生成や、マウスのクリックで演奏表現付けが行なえる“スタイルシミュレータ”など、初心者に使いやすくなっているのが特徴。携帯電話の着信メロディーの作成も可能。また、パソコンだけで演奏できるようにソフト音源も収録している。

同梱される教則ビデオ『ゼロから始める作曲 Singer Song Writer <Vol.1>』は、ソフトのセットアップからメロディーの入力、データの保存までを習得するためのビデオで、収録時間は54分。制作・販売元は(株)ウォンツで、単体販売の価格は5800円(同梱版は簡易ケースとなっている)。

また、『アレンジデータ 2000』は、約40ジャンルの300種類のアレンジパターンを収録したデータ集。収録ジャンルは、ダンス/ヒップホップ/ロック/ヘビーメタル/ソウル/ブルース/ジャングル/16ビートバラード/16ビートポップス/フュージョン/ボサノバ/サンバ/タンゴ/ラテン/カントリー/フォーク/サルサ/チャチャなど。単体販売の価格は4000円。

対応OSはWindows XP/Me/98/95(OSR2以降)/2000/NT 4.0(SP3以降)。“シングtoスコア”機能を利用する場合はPentium II-400MHz以上、またはCeleron-433MHz以上を搭載した機種が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン