このページの本文へ

松下電器産業、128MBのminiSDカード『RP-SS128BJ1K』を発売

2003年10月30日 20時23分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は30日、メモリーカードの新製品として、容量が128MBのminiSDカード『RP-SS128BJ1K』を11月15日に発売すると発表した。価格はオープン。生産規模は月産1万枚。

『RP-SS128BJ1K』
『RP-SS128BJ1K』

『RP-SS128BJ1K』は、本体サイズが幅21.5×奥行き1.4×高さ20.0mm、重量が約1gのminiSDメモリーカードで、表面積が現行のSDメモリーカードに比べて約56%と小さいのが特徴。転送レートは毎秒2MBとなっており、SDメモリーカードと同等。製品には、SDメモリーカードスロットに装着するためのminiSDアダプターが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン