このページの本文へ

ヨドバシカメラとMCJ、デスクトップパソコン“PLEZO B.B”の販売を開始――HTテクノロジ対応Pentium 4-2.60CGHz搭載で8万9800円

2003年10月14日 17時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ヨドバシカメラと(株)エムシージェイは14日、低価格化を図ったオリジナルマイクロタワーパソコン“PLEZO B.B”シリーズの予約販売を同日付けで開始すると発表した。ラインアップは、Celeron-2.0GHzと128MBのメモリーを搭載した『PLZ-T10A』、Celeron-2.4GHzと256MBのメモリー、DVD&CD-RWコンボドライブを搭載した『PLZ-T30A』、HTテクノロジ対応Pentium 4-2.60CGHzと256MBのメモリー、コンボドライブを搭載した『PLZ-T50A』の3モデル。価格はオープン。『PLZ-T10A』は24日に、『PLZ-T30A』と『PLZ-T50A』は11月7日に、店頭販売を開始する。オンライン販売サイト“www.yodobashi.com”での価格は、『PLZ-T10A』が4万9800円、『PLZ-T30A』が5万9800円、『PLZ-T50A』が8万9800円。同時にヨドバシカメラの店頭でブロードバンドサービス(DION/OCN/ODN/@nifty/BIGLOBE)に新規加入すると、初回特典として、『PLZ-T10A』を2万9800円、『PLZ-T30A』を3万9800円、『PLZ-T50A』を6万9800円で販売する(ポイント還元は10%)。

“PLEZO B.B.”“PLEZO B.B.”

最上位機種の『PLZ-T50A』は、FSBが800MHzのHTテクノロジ対応Pentium 4-2.40GHz、グラフィックス機能を内蔵したSiS 661チップセット、256MBのメモリー(PC3200準拠DDR SDRAM)、80GBのHDD(Ultra ATA/100)、DVD&CD-R/RWコンボドライブ(CD-R書き込み48倍速、CD-RW書き換え24倍速、DVD-ROM読み出し16倍速、CD-ROM読み出し48倍速)、3.5インチFDD(2モード)を搭載する。インターフェースは、USB 2.0×6(前2、後4)、10/100BASE-TX、シリアル、パラレル、マイク/ヘッドフォンなどを装備する。拡張スロットは、PCI×3、AGP(8X対応)を搭載する。本体サイズは幅180×奥行き390×高さ375mmのミニタワー型で、ブラックとシルバーを基調にしている。プレインストールOSはWindows XP Home Edition。日本語キーボード(PS/2)、スクロールマウス(PS/2)のほか、アプリケーションとしてライティングソフトとDVDプレーヤーソフトが付属し、24時間電話サポート付きの1年間無償保証が付属する。

『PLZ-T30A』は、Celeron-2.40GHz、VIA P4M266Aチップセット、256Mメモリー(PC2100準拠DDR SDRAM)、40GBのHDD、DVD&CD-R/RWコンボドライブを搭載したモデル。『PLZ-T10A』は、CPUをCeleron-2.0GHz、メモリーを128MB、光ドライブを52倍速CD-ROMドライブに変更したモデルとなる。

併せて、“yodobashi.com”のインターネット限定モデルとして、キューブ型パソコン『PLZ-C10A』を販売する。Celeron-2.40GHz、SiS 651チップセット、256MBメモリー、DVD&CD-R/RWコンボドライブ、6in1マルチカードリーダーを搭載し、本体サイズは幅200×奥行き300×高さ185mm。価格は8万4800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン