このページの本文へ

【CEATEC JAPAN 2003 Vol.9】日本ビクター、フルHD対応のプロジェクターを体感できる“Emotinal Theater”

2003年10月10日 22時02分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ブースには同社のスピーカーやフルHD対応プロジェクターが体感できる“Emotional Theater”が用意されていた

日本ビクター(株)は、独自開発の高解像度反射型液晶デバイス“D-ILA(Direct-Drive Image Light Amplifier)”を搭載したホームシアター向けプロジェクターを展示していた。目をひいたのは来春発売予定として参考出品されていたフルHD解像度(1920×1080ドット)対応の製品だ。D-ILAデバイスは地上波やパソコンなどに対応した1400×1050ドット(SXGA+)/アスペクト比4:3、ハイビジョンなどワイド映像ソースに対応した1400×788ドット(WXGA+)/アスペクト比16:9などのラインナップがあるが、フルHDに対応した高級ホームシアター製品はこのプロジェクターがはじめてとなる。



D-ILAデバイスのラインナップ。真中にあるのがフルHD対応参考出品されていたフルHD対応のプロジェクター。来春発売予定

D-ILAは、透過型液晶パネルより光の利用効率が高く、高速なシーンで色割れが起こるカラーブレーキング現象がなく、黒のニュアンスに優れているなどの特徴がある。会場では同社のスピーカーや今回のプロジェクターを体感できる“Emotional Theater”が用意され、映画やコンサートなどシーン別にその性能を確認することができた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン