このページの本文へ

メルコ、“トリプル高画質回路”を搭載したTVチューナー&MPEG-2キャプチャーカード『PC-MV3DX/PCI』を発売

2003年09月10日 21時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは10日、“BUFFALO”ブランドから、“PCast”シリーズの新製品として、PCIバス用のTVチューナー&MPEG-2キャプチャーカード『PC-MV3DX/PCI』を10月上旬に発売すると発表した。価格は1万5500円。

『PC-MV3DX/PCI』
『PC-MV3DX/PCI』

『PC-MV3DX/PCI』は、色のにじみを抑える“動き適応型3次元デジタルY/C分離”、ゴースト(二重映り)を除去する“ゴーストリデューサー”、より滑らかな階調表現(1024階調)とする“10bit高画質A/Dコンバータ”の3種類の高画質化機能を組み合わせた“トリプル高画質回路”を採用したのが特徴。ただし、動き適応型3次元デジタルY/C分離は、3Dノイズリダクション(3DNR)機能とは排他利用となる。ソフトウェアMPEGエンコードエンジンを搭載し、最大720×480ドットで、圧縮形式がMPEG-1/-2とWMVに対応した動画キャプチャーが行なえる。フレームレートは毎秒29.97フレームで、ビットレートは192k~15kbps。音声キャプチャーはサンプリング周波数が44.1kHz/48kHzで、ビットレートは64k~384kbps。録画終了後にWMV形式へ自動再圧縮する機能も搭載する(AVI/MPEGのみ)。TVチューナーは、VHF(1~12ch)、UHF(13~62ch)に対応し、2ヵ国語放送/ステレオに対応。

入出力端子は、アンテナ(F型)、コンポジットビデオ入力(RCAピンジャック)、Sビデオ入力(ミニDIN4ピン)、オーディオ入力(ステレオミニジャック)、オーディオ出力(ステレオミニジャック)。カードサイズは幅125×奥行き15×高さ105mm、重量は約160g。消費電力は最大8W。対応機種はPCIバス(2.1以降)を搭載したPC/AT互換機、PC98-NXで、Pentium III-600MHz/Celeron-700MHz/Athlon-600MHz以上を搭載したモデル。対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE。

アプリケーションとして、TVコントロール&キャプチャーソフト『PCastTV』、携帯電話予約ソフト『reserMail』、ビデオ編集ソフト『Ulead VideoStudio 7 SE DVD』、フォトレタッチソフト『Ulead PhotoImpact 7S E』、3Dタイトル作成ソフト『Ulead Cool3D 3.0 SE』などが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン