このページの本文へ

バイオノートZ PCG-Z1/P

バイオノートZ PCG-Z1/P

2003年08月30日 00時13分更新

文● 鈴木 雅暢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイオノートZ PCG-Z1/P

ソニー

オープンプライス(実売価格:26万円前後)

バイオノートZは、Centrinoの発表に合わせてソニーが投入したバイオノートの新シリーズだ。高性能と操作性、可搬性を兼備し、デザイン面でも並々ならぬこだわりをもって開発された意欲作である。

ソニーは2003年夏モデルとして、CPUを高速化し(Pentium M-1.50GHz搭載)、メモリを倍増(512MB)した上位モデル「バイオノートZ PCG-Z1R/P」を発売している。
バイオノートZ PCG-Z1/P
バイオノートZ PCG-Z1/P

 本製品のコンセプトは「持ち歩けるメインマシン」というもの。性能と利便性を損なわない範囲で可能な限り薄型軽量化したことに加え、「持ち運ぶこと=他人に見せること」を強く意識し、デザイン面でも徹底的にこだわった作りになっている。

14.1型液晶にSXGA+の
高解像度表示を採用

SONY Flash on ASCII
本製品はこちらから購入いただけます。画像をクリックすると“SONY Flash on ASCII”に移動します。

 マグネシウム合金を利用したソリッドなボディは、A4ジャストよりひとまわり大きく、最薄部の厚さ23.4mm、重さ2.1kg。ブラックのコア部分をシルバーの外装で包み込んだような構造となっており、外装が両サイド奥に流れるように沈み込むラインは、本機最大のデザインポイントとなっている。金属の質感を活かした外装の表面仕上げも秀逸で、天面に掘り込んだVAIOロゴにヘアライン加工したアルミを埋め込むといった凝った演出も施されている。また、液晶の開閉に留め具のないラッチレス構造を採用することにより液晶上部のスペースを削減、外観をスマートに見せるとともに、開閉を容易にしている。



連続性を意識したサイドライン
写真1 本機の最大の特徴ともいえるのが、液晶部との連続性を意識した美しいサイドライン。左側面奥に多くのインターフェイスをまとめており、2基のUSB 2.0、IEEE1394、ヘッドフォン、マイク、そしてマジックゲート対応のメモリースティックスロットを備える。その手前にはTypeIIのPCカードスロット装備する。

 外観だけでなくスペック面も注目に値する。特に14.1型液晶の解像度に1400×1050ドットを選択してきたインパクトは大きい。複数アプリケーションを同時表示する際やWebブラウズ時のスクロールの必要が激減し、快適に操作できる。

 このほか、CPUはPentium M-1.30GHz、メモリ256MB、HDD容量60GBを搭載。右側面には9.5mmという薄型のコンボドライブを内蔵するなど、メインマシンにふさわしい内容を備える。

薄型コンボドライブ
写真2 コンボドライブは、厚さ9.5mmの薄型タイプ。サイド部分には無線LANとBluetooth 1.1のオン/オフ、ACアダプタの接続状況を示すインジケータがある。イエローに光ることで、電源オン/スタンバイ状態を示す電源ボタンの存在感も抜群だ。

 バッテリ駆動時間は標準バッテリの公称値が4~7時間となっている。7時間というのは最大に省電力モードにした場合であり、実用レベルでは4~5時間程度だろうが、それでも十分な駆動時間といえる。オプションの大容量バッテリ利用時では8~13.5時間の駆動をサポートする。

 キーピッチ18.5mm、ストローク2mmのキーボードは、右下部分にややキーの詰め込みが見られるものの全体的には素直な配列で、ベースのアルミ板を従来機より肉厚の0.8mmとしたことで、タッチ感の向上を図っている。実際に試用したところでも、強くタイプしても最近のA4ノートブックPCによく見られるキーボードユニットのたわみがほとんど発生せず、快適にタイプできた。ボディとの一体感を重視したデザインを採用するタッチパッドの操作性も悪くない。

液晶部分 タッチパッド部
写真3、4 折りたたみ式携帯電話の応用でラッチを排した液晶部分(左)やボディとの一体感を重視したタッチパッド(右)など、数々の新しいチャレンジが投入されている。

 価格はオープンプライスだが、実売価格は26万円前後となっている。SXGA+の解像度を持つ液晶やデザインの付加価値を考慮すれば高くはない金額だ。なお、オンライン販売のソニースタイルでは、CPUクロックを1.6GHzに、メモリを1GBに増量した専用モデル(PCG-Z1T/P)が31万9800円で販売されている。性能を重視する向きはこちらにも注目したい。

バイオノートZ PCG-Z1/Pの主なスペック
製品名 バイオノートTR PCG-TR1/P
CPU Pentium M-1.30GHz
チップセット Intel 855PM
メモリ(最大) DDR SDRAM(PC2100) 256MB(最大768MB)
グラフィックス MOBILITY RADEON(16MB)
HDD 60GB
FDD なし(オプション、USB外付け)
光メディアドライブ CD-RW&DVD-ROMコンボドライブ(CD-R8倍速、CD-RW4倍速、CD24倍速、DVD8倍速)
スロット PCカードTypeII×1、メモリースティックスロット
通信 10/100BASE-TX、IEEE802.11b、Bluetooth 1.1、56kbpsモデム
I/O USB 2.0×2、i.LINK×1、外部ディスプレイ端子、など
サイズ(W×D×H) 316×247.4×23.8~39mm
重量 約2.1kg
OS Windows XP Professional SP1

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン