このページの本文へ

日本IBM、“Rational”ブランドの製品群の国内販売を開始

2003年08月27日 19時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は27日、8月に統合した旧・日本ラショナルソフトウェア(株)の開発用製品群を、“Rational”ブランドの日本IBM製品として9月24日に出荷開始すると発表した。“Rational”は同社の5番目のソフトウェアブランドで、UML(統一モデリング言語)を使用した分析/設計ツール、テストツール、構成管理ツール、開発手法などで構成されており、同社では“e-ビジネス・オンデマンド”構想のための中核製品と位置付けているもの。

国内販売の開始に合わせて、“モデル駆動型開発手法”を利用できる“Rational XDE”ファミリーの新製品もラインアップする。今回初めて日本市場に投入するという、テスト工程を自動化する『IBM Rational XDE Tester v2003』や、IBM WebSphere StudioとMicrosoft Visual Studio .NET 2003に統合した開発者向けのUMLモデリングツール『IBM Rational XDE Developer v2003』、アプリケーションの実行状況をUMLモデル(シーケンス図)で表示し、プログラムの問題点を視覚化する“ビジュアル・トレース”機能を追加した最上位製品『IBM Rational XDE Developer Plus v2003』などが含まれる。これらは新たに日本語化したもの。

1ユーザーあたりの使用料金は、『IBM Rational XDE Developer .NET Edition』が50万4000円から、『IBM Rational XDE Developer Java Platform Edition』が50万4000円から、『IBM Rational XDE Developer Plus』が70万8000円から、『IBM Rational XDE Tester』が51万5000円から。

同社では、機能強化した最新版として、これらの製品を含む30製品を発売する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン