このページの本文へ

マイクロソフト、動物園経営シミュレーションゲーム『Microsoft Zoo Tycoon Complete Edition』を10月に発売

2003年08月21日 18時18分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は21日、動物園経営シミュレーションゲームの最新作『Microsoft Zoo Tycoon Complete Edition』日本語版を開発中であると発表した。10月に発売する予定という。対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。

画面
『Microsoft Zoo Tycoon Complete Edition』の画面

『Microsoft Zoo Tycoon Complete Edition』は、昨年3月発売の『Microsoft Zoo Tycoon』、および米国で発売された拡張パック『Zoo Tycoon Marine Mania』『Zoo Tycoon Dinosaur Digs』の3製品を同梱したもので、合計119種類の動物を飼育しながら、約500種類の建物やアトラクション等の動物園アイテムを組み合わせ、“陸と海”が混合する動物園を経営するゲーム。

シナリオは、『Microsoft Zoo Tycoon』、『Zoo Tycoon Marine Mania』、『Zoo Tycoon Dinosaur Digs』のシナリオに、『Microsoft Zoo Tycoon Complete Edition』独自の3シナリオを加えた計45種類が用意される。プレイヤーのレベルに合わせ、チュートリアルから、難易度の高い“巨大マリンパークをつくる”“T-レックスの繁殖”などもあるという。

『Zoo Tycoon Marine Mania』は、海の動物を追加した拡張パック。海の動物の世話をするスタッフ“海のスペシャリスト”が加わり、芸をするイルカやシャチの“海洋動物ショー”を行なうことが可能で、特別観覧席を購入してショー水槽の近くに配置しておくと、来園者のしあわせ度を維持したり、ショーの入場料を取得したりできる。

『Zoo Tycoon Dinosaur Digs』は、恐竜を追加した拡張パック。恐竜は卵の状態で買い付け、恐竜の世話をするスタッフ“科学者”を雇い、卵がかえるまでの世話や病気の治療をさせることが可能。また、恐竜たちが囲いから逃げ出してしまった際には“恐竜回収チーム”を雇い、逃げ出した恐竜を麻酔でおとなしくさせることが可能。

なお同社は、『Microsoft Zoo Tycoon Complete Edition』の発売に先駆け、9月6日午後4時30分より、横浜・八景島シーパラダイス内のショー会場“アクアスタジアム”にて、同製品の一般初公開イベントを開催する。同イベントは、横浜・八景島シーパラダイスの現役トレーナーをゲストに迎え、シロイルカの出演するショーを通じて同製品を紹介するもので、来場者の中から抽選で214名に賞品をプレゼントするという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン