このページの本文へ

アップル、プロフェッショナルビデオ編集ソフト『Final Cut Pro 4』日本語版を発売

2003年08月08日 16時42分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)は8日、プロフェッショナルビデオ編集ソフト『Final Cut Pro 4(ファイナルカットプロフォー)』日本語版を23日に発売すると発表した。

同製品はフィルム/HD/SD/DV編集用ソフト。ソフトとCPUパワーのみでリアルタイム合成およびエフェクトが可能な“RT Extreme”や、インターフェイスカスタマイズツールなどを搭載する。また、8bit/10bit非圧縮フォーマットや、チャネル当たりフル32bitの浮動小数点処理を実現するという。そのほか、タイトル作成ツール『LiveType』、音楽制作ツール『Soundtrack』、エンコーディング処理を自動化するツール『Compressor』が付属する。

対応OSはMac OS X 10.2.5以降。価格は9万8000円。アップグレード価格は4万7800円。なお、4月7日以降に既存の『Final Cut Pro 3リテール版』を購入したユーザーは、Up-To-Dateプログラムを通じて6300円でアップグレードできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン