このページの本文へ

日本ネットワークアソシエイツ、企業向けスパム対策ソフト『McAfee SpamKiller for Microsoft Exchange Small Business』日本語版を発表

2003年06月19日 20時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ネットワークアソシエイツ(株)は19日、メッセージング&コラボレーションサーバー『Microsoft Exchange』に対応した企業向けのスパムメール対策ソフト『McAfee SpamKiller for Microsoft Exchange Small Business』日本語版の販売を20日に開始すると発表した。

『McAfee SpamKiller for Microsoft Exchange Small Business』アクション設定画面 『McAfee SpamKiller for Microsoft Exchange Small Business』ルール設定画面
『McAfee SpamKiller for Microsoft Exchange Small Business』アクション設定画面『McAfee SpamKiller for Microsoft Exchange Small Business』ルール設定画面

『McAfee SpamKiller for Microsoft Exchange Small Business』は、すべての受信メールのヘッダー、レイアウト、構成を確認し、スパムかどうかを判断し、既知のスパムの特徴から自動生成されたルールを利用して、ユーザーをスパムから保護する機能を持つ。スパムの識別には、管理者が定義した語句や、管理者、ユーザーが定義したホワイトリスト、ブラックリストも利用できる。スパムが検出された場合、該当メールはエンドユーザーの受信フォルダーか、ユーザーごとのジャンクメールフォルダー、あるいは共有のジャンクメールフォルダーのいずれかに配信される。スパムの検出率は95%、誤検出率は0.05%未満という。

価格は、ノード単位となり、1~24ノードでは1ノードあたり5100円、25~49ノードでは4700円、50~99ノードでは4400円、100~249ノードでは3900円などで、1000~1999ノードでは2600円、2000~2999ノードでは2200円、1万~1万9999ノードでは1700円、5万ノード以上では950円となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン