このページの本文へ

ウルフラム、『Mathematica』用のファジー理論ツール『Fuzzy Logic2』を発売

2003年06月19日 17時44分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウルフラム リサーチ アジア社は19日、科学技術計算ソフト『Mathematica』用のファジー理論ツール『Fuzzy Logic2』を7月1日に発売すると発表した。

『Fuzzy Logic2』は、ファジー集合およびファジー理論に基づいたシステムを作成、変更、視覚化できるツール。ユニバーサルスペースの定義の拡張や、特殊なファジー集合を作成するためのメンバーシップ関数、ファジーグラフ視覚化ツール、最大値法による非ファジー化でファジー集合の最大/最小をみつけるための新関数、面積法による非ファジー化でファジー集合の二等分線をみつけるための新関数などを搭載する。

『Fuzzy Logic2』は、Mathematica 4以降で利用可能。対応OSは、Windows 95/98/Me/NT/2000/XP、Mac OS、Mac OS X、Linux、Solaris、HP-UX、IRIX、AIX、HP Tru64 UNIX。価格は12万2000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン