このページの本文へ

日本HP、高柳社長後任に樋口泰行氏が決定!――45歳、現インダストリースタンダードサーバ統括本部長

2003年04月07日 18時48分更新

文● 遠竹智寿子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は7日、高柳肇社長の後任として、同社現執行役員ESGインダストリースタンダードサーバ統括本部長の樋口泰行(ひぐちやすゆき)氏の就任を決定した。樋口氏は、社長・COO 兼 ESG ジャパン・リージョンマネージャに就任し、現代表取締役会長の寺澤正雄氏が会長兼CEOを勤めることとなる。

新社長の樋口泰行氏
新社長の樋口泰行氏(1月8日に開催したIAサーバー“二極化戦略”の記者発表会で撮影)

樋口氏は、神戸市生まれ、45歳。大阪大学工学部電子工学科卒業後、松下電器産業入社、エンジニアを勤める(溶接用電源、 パーソナルコンピューターなどの電子電気回路の設計・開発)。米国ハーバード大学経営大学院修士課程終了(MBA)後、ボストンコンサルティンググループ(経営コンサルタント)、アップルコンピュータ社(営業、マーケティング)を経て、合併前のコンパックコンピュータ(株)に入社。

コンパックPC製品事業部長時代には、キヤノン販売(株)の提携や日本独自モデル開発などの独自の戦略を行ない、コンシューマー製品における国内シェアを拡大した。その後、取締役社長付として米国駐在を経験し、昨年新日本HPの執行役員、インダストリースタンダードサーバ統括本部長の座に就いた。今年1月には、IAサーバービジネスを二極化する大々的な事業戦略を発表し、同事業部の第2四半期における決算では、久々のシェア復活も囁かれている。

高柳社長の退任だけが一部先走って報道され、また旧コンパック時代の申告漏れについて税務局から指摘をうけるなどいろいろうわさがある中で、樋口氏の社長就任は多少なりとも社内外で波紋を呼びそうだ。

退任、申告漏れの日本HP側のコメントは以下のとおり

  • 申告漏れについて
  • 「東京国税局の税務調査により2000年12月までの2年間に総額約36億円の申告漏れを指摘されたが、2002年2月に更正を受け追徴額を納税している」

  • 高柳社長退任について
  • 「昨年の合併以来、新生日本HPとしての社内基盤を確立することができたと言える。今後の飛躍のために、新たな経営体制が必要と判断し、新体制に移行のために社長退任を決意した」

樋口氏のプライベートファイル
星座:射手座 血液型:AB型 好きな食べ物:お好み焼き

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン