このページの本文へ

日本サスティナブル・コミュニティ・センター、公衆無線インターネット接続の“みあこネット”がIPv6に対応と発表

2003年04月04日 16時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

特定非営利活動法人の日本サスティナブル・コミュニティ・センターは3日、公衆無線インターネット事業“みあこネット”がIPv6に対応したと発表した。“みあこネット”は、京都府を対象エリアとして“IEEE 802.11b”に準拠した無線インターネット接続の実証実験を行なっており、今回、エリア全域でIPv6に対応したもの。

これにより、例えば、“IPv6普及・高度化推進協議会”のホームページページからリンクをたどって各種のIPv6対応コンテンツにアクセスできるようになるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン