このページの本文へ

仏アルコス、ポータブルAVプレーヤー&レコーダー 『Jukebox Multimedia 120』を発売

2003年04月03日 22時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フランスのアルコス(ARCHOS)社は3日、ポータブルマルチメディアプレーヤー&レコーダー『Jukebox Multimedia 120』を発売すると発表した。日本国内で4月上旬から順次出荷を開始する。価格はオープン。編集部による予想販売価格は6万円弱。

『Jukebox Multimedia 120』
『Jukebox Multimedia 120』

『Jukebox Multimedia 120』は、MPEG-4(DivX)ビデオ再生、MP3録音/再生、フォトアルバム/スライドショーの機能を搭載したマルチメディアレコーダー&プレーヤー。インターフェースはUSB 2.0で、20GBのHDDを内蔵する。MPEG-4ビデオを約40時間、あるいはMP3ミュージックを約300時間ぶん記録できるという。ビデオ再生機能は、解像度が最大640×368ドット(毎秒25フレーム、AVI)で、音楽再生は30~320kbps、録音は30~160kbps。静止画はJPEGとBMPに対応。インターフェースは、コンポジットビデオ/イヤホン/ライン出力、ステレオライン入力、USB 2.0を装備し、マイクを内蔵する。モニター用のカラー液晶ディスプレーを搭載する。電源はリチウムイオン充電池でACアダプターも利用可能。充電池でのMP3再生は約7時間。本体サイズは幅79×奥行き110×高さ29mm、重量は290g。対応機種は、PC/AT互換機、Power Mac G3以上、iMac。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.2、Mac OS X。

オプションとして、130万画素デジタルカメラユニット『JBM CAMERA 100』、テレビ番組を録画するためのアダプター『JBMデジタルビデオレコーダー』、メモリーカード(CF/スマートメディア/メモリースティック/MMC)から画像データを転送するためのカードリーダー/ライター『JBMメモリカードリーダ』、ラジオ番組をMP3録音するためのラジオユニット『JBM FMラジオ&リモートコントロール』をラインアップする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン