このページの本文へ

ロジテック、15インチ液晶ディスプレーと4倍速書き込みのDVD-R/RWドライブのブラックモデルを発売

2003年03月11日 15時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は11日、15インチ液晶ディスプレー『LCM-T156AS/S』の筐体のカラーをブラックにした『LCM-T156AS/S(B)』と、フロントベゼルのカラーをブラックにした4倍速書き込みのDVD-R/RWドライブ『LDR-42AK(B)』の2製品を発売すると発表した。価格と発売時期は、『LCM-T156AS/S(B)』がオープンで3月中旬、『LDR-42AK(B)』が2万8500円で3月下旬。

『LCM-T156AS/S(B)』
『LCM-T156AS/S(B)』

『LCM-T156AS/S』は、解像度が1024×768ドット(XGA)で1677万色表示(疑似カラー)に対応した15インチ液晶ディスプレー。ドットピッチは0.297mm。輝度は250cd/m2、コントラスト比は400:1。視野角は上40度/下60度/左右60度。応答速度は16ミリ秒。画面調整をワンプッシュで行なえる“自動調整ボタン”と、音量/コントラスト/ブライトネスの各調整画面をワンプッシュで起動できる“ワンタッチ調整機能”を搭載する。電源はAC100Vで、電源ユニットを内蔵する。消費電力は最大40W(省電力モードでは3W以下)。本体サイズは幅354×奥行き190×高さ362mmで、重量は3.5kg。ステレオスピーカー(1W×2)を前面に内蔵する。ベゼル幅は、上部が22mm、左右が24mm。盗難防止キーの取付穴(ケンジントンセキュリティースロットに準拠)を装備する

『LDR-42AK(B)』
『LDR-42AK(B)』

『LDR-42AK(B)』は、DVD-R書き込みが4倍速、DVD-RW書き換えが2倍速の5インチベイ内蔵型DVD-R/RWドライブ。CD-R書き込みは16倍速でCD-RW書き換えは8倍速で、読み出しはDVD-ROMが12倍速、CD-ROMが32倍速となる。ドライブユニットはパイオニア(株)製を採用。インターフェースはATAPI(Ultra ATA/33)に対応する。フロントベゼルとトレイの色をブラックにしたのが特徴。本体サイズは幅148×奥行き198×高さ42.3mm、重量は1.1kg。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX、PowerMac G4。対応OSはWindows XP/Me/98 SE/2000 Professional、Mac OS X 10.2.2~10.2.4。ライティングソフト『WinCDR Lite』とパケットライトソフト『PacketMan』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン