このページの本文へ

ソルダム、アルミ削り出しのコンパクト筺体を採用したデスクトップパソコン“ESPRITシリーズ”を発売

2003年02月10日 19時25分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソルダム(株)は10日、同社のパソコンを扱う直販サイト“WiNDy SQUARE”をリニューアルするとともに、アルミ削り出しのコンパクト筺体を採用したPentium 4搭載デスクトップパソコン“ESPRITシリーズ”3モデルを発売した。価格は15インチTFT液晶ディスプレーとのセットが24万8000円から、本体のみが18万9300円から。

ESPRITシリーズ
ESPRITシリーズ

ESPRITシリーズには、CPUにPentium 4-3.06GHzを搭載する『Esprit 700』、同-2.80GHzの『Esprit 500』、同-2.66GHzの『Esprit 300』という3タイプが用意され、700と500はメインメモリー(PC2700対応DDR SDRAM)を512MB、300は256MB搭載する(いずれも最大1GBまで増設可能)。チップセットはIntel 845GEで、700と300は米エヌビディア(NVIDIA)社のグラフィックスアクセラレーターチップ『GeForce 4 MX440SE』(ビデオメモリー64MB)を搭載、500はチップセット内蔵機能を利用する。HDDは700と500が約160GB、300は約120GBで、スロットインタイプのCD-RW&DVD-ROM対応コンボドライブを内蔵する。700と500はTVチューナーカード(ソフトウェアMPEG-2エンコーダー)を標準搭載している。

インターフェースは、PS/2×2、シリアル×2、USB 2.0×2、IEEE1394(6ピン)×2、10/100BASE-TX対応Ethernetポートなどを搭載。拡張スロットはAGP×1、PCI×1。本体サイズはパソコン本体が幅122×奥行き300×高さ234mm。なお、ESPRITシリーズに採用している筺体は、ケース単体での販売を予定していないとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン