このページの本文へ

江川有未、今年は韓国語が生かせるドラマや映画にも挑戦したい!

2003年02月09日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「今回のビデオは自分らしさをだせました」
江川有未がビデオ・DVD『江川有未・まるごとゆみち』(ラインコミュニケーションズ/ビデオ・DVD:2800円)を出し、2月2日、石丸電気パソコンタワーで記念イベントを開催した。ゆみちは中学生くらいの時からつけられたニックネームだというが、そのニックネームをビデオタイトルに採用。プーケットで撮影された、今回のビデオについて冒頭のように満足のようす。

 2001年、アイドルユニット「BONITA(ボニータ)」の一人として韓国でDCを発売した有未ちゃんは、今年の目標について韓国語を生かせるドラマや映画などに挑戦していきたいとのこと。「プライベートでも韓国語の勉強会とかを友達同士でしてたんです。今年も楽しく勉強していくたい」と話した。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ