このページの本文へ

美の親善大使“グラビア隊”の初主演映画『LADY DROP レディ・ドロップ』が2003年新春公開

2002年12月10日 18時13分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エンゲルは、(株)オスカープロモーションが結成したボランティア活動を支援するガールズユニット“グラビア隊”の初主演映画『LADY DROP レディ・ドロップ』のマスコミ向け試写会を都内で開催した。

LADY DROP
美の親善大使“グラビア隊”の初主演映画『LADY DROP レディ・ドロップ』

オスカーグループは、ボランティア/チャリティー活動を支援する“オスカーボランティア支援事務局”を発足、新たなボランティア活動の一環として計8名からなるユニット“グラビア隊”を結成した。グラビア隊は4名1組ずつの2組(計8名)で構成されており、メンバーは、グラビア隊Part1が北川弘美、曲山えり、石橋奈美、小林加奈。グラビア隊Part2が津村亜紀、渡部哲世、栗原里奈、岩間香須美。グラビア隊は、同事務局のイメージキャラクター/美の親善大使として、タレント活動を通じて平和貢献に役立てる活動を展開、すでに国際福祉機器展や障害者ゴルフ大会への参加、老人ホーム訪問等を行なっているという。

『LADY DROP レディ・ドロップ』は、グラビア隊の初主演映画で、グラビア隊扮する落ちこぼれの婦人警官が潜入捜査官となって活躍する近未来アクションコメディー。2003年1月18日より東京/BOX東中野ほか全国劇場ロードショートなる。監督/脚本は中田圭氏。配給はエンゲル。

なお、12月17日から27日まで東京/俳優座シネマで開催される映画イベント“水野晴郎的超特急 新鋭監督映画祭”において、『LADY DROP レディ・ドロップ』のプレミア上映会が行なわれる。なお、映画評論家の水野晴郎氏も、『LADY DROP レディ・ドロップ』に友情出演している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン