このページの本文へ

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC、中小企業向けのインターネット接続サービス“シェアコネクト 100”の提供を開始

2002年10月30日 22時26分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC(株)は30日、中小企業向けの共有型100Mbps接続サービス“シェアコネクト 100”を11月1日に提供開始すると発表した。

“シェアコネクト 100”は、東日本電信電話(株)のFTTH接続サービス“Bフレッツ”を用いて上り/下りとも最大100Mbpsの接続回線を提供するサービス。当初は東京都内で提供を開始し、来年の初旬をめどに、大阪、神奈川、愛知の各府県エリアへ順次拡大する予定。

サービス内容と価格は、“ビジネスタイプ”が月額8万4000円(固定IPアドレス6個)から、“ベーシックタイプ”が月額2万8000円(固定IPアドレス1個)から。このほか、一時費用として5万円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン