このページの本文へ

ジャストシステム、教育機関向けに“InternetDisk”を提供

2002年10月24日 21時36分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジャストシステムは24日、オンラインストレージサービス“InternetDisk(インターネットディスク)”を、2003年4月より、教育機関向けに提供すると発表した。価格は生徒30名のクラスで利用する場合、年間約15万円を予定しているという。

ADSLなど高速回線の普及や、2005年を目標に、すべての学級の各授業において教員および生徒がパソコンやインターネットを活用できる学習環境の構築が進められている現状をもとに、個人のデータ管理や学校内の情報共有など、校務処理のための利用や、授業で使用したファイルをInternetDiskに保存して自宅で再び作業したり、グループでの共有ディスクとして利用する、保護者向けの配布物を保存する、といった利用方法を提案している。

今後も、教育機関に向けてブロードバンド時代の新しいデータ管理を積極的に提案し、蓄積された情報に付加価値を付けたサービスを提供するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン