このページの本文へ

エキサイト、日立の無償ASPグループウェアを利用した“エキサイトグループウェア”の提供を開始

2002年10月24日 15時43分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エキサイト(株)と(株)日立製作所は24日、インターネットポータルサイト“Excite”において、日立が提供するASPによるグループウェアの無償サービス“BROADNETBOXER BEGINNERS”を採用した“エキサイトグループウェア”の提供を28日に開始すると発表した。

エキサイトグループウェア
“エキサイトグループウェア”

“エキサイトグループウェア”では、スケジュール/アドレス/メモ/To Doなどの個人情報管理機能をはじめ、ワークグループの作成やプロジェクト管理などのグループ情報管理機能、5MBの共有スペースなどを提供する。ユーザーは、“エキサイトメール”などエキサイトの他のサービスと共通のIDで利用できる。

同サービスは6月に有償提供を開始していたが、今回より無償のサービスに変更することになる。これにより、既存ユーザーは、いったん有償サービスを解約してから再度登録することが必要になるほか、データの移行には対応しない。今後は、企業内ポータル事業や、法人向けグループウェアサービスの販売/マーケティングなどを両社共同で検討していくという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン