このページの本文へ

So-net、オンラインゲーム『EverQuest』日本語版の提供を開始

2002年10月16日 21時01分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は15日、同社のインターネット総合サービス“So-net”にて、オンラインゲーム『EverQuest(エバークエスト)』日本語版サービスの提供を開始すると発表した。12月にベータ版の提供を開始、2003年2月に正式サービスを開始する予定。月額料金などは未定。

エバークエスト『エバークエスト』画面イメージ

『EverQuest(エバークエスト)』は多人数参加型(MMORPG:Massively Multi-player Online Role Playing Game)のオンラインロールプレイングゲーム。1993年にアメリカでサービスを開始、今年9月現在では全世界で43万人の有料会員数を持つ人気の高いMMORPGのひとつとなっている。

ゲームはプレイヤーが自分に見立てたキャラクターを選択、仮想世界“ノーラス”の大地を冒険し、戦闘経験を積みながら、オンライン上のほかのプレイヤーとチームを組み、チャットを交えて冒険を進めていくという内容。

エバークエストゲーム画面
ゲーム画面の一部

ベータ版、ならびに正式サービスの利用については、“So-net”の会員であることか、またはコンテンツ会員“こんてんつコース”に入会する必要がある。

対応OSはWindows XP/2000/Me/98。動作環境は、CPUがPentium II- 400MHz以上、メモリーが256MB以上。HDDの空き容量が450MB以上。Direcet3Dに準拠し、16MBのVRAMを搭載したグラフィックスカードと、Direct X 8.1準拠のサウンドカードが必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン