このページの本文へ

ナナオ、タッチパネル内蔵の15インチ液晶ディスプレー『EIZO FlexScan L351P』を発売

2002年08月29日 22時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ナナオは29日、タッチパネルを装着した15インチ液晶ディスプレー『EIZO FlexScan L351P』を9月20日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は17万円前後。

『EIZO FlexScan L351P』
『EIZO FlexScan L351P』

『EIZO FlexScan L351P』は、耐傷性/耐久性/反応性/耐薬品性にすぐれた超音波弾性波方式のタッチパネルをディスプレー本体に内蔵したのが特徴。透過率は89%。タッチ耐久性は5000万回(min)。インターフェースはRS-232Cで、Windows 95/98/Me/2000/NT 3.5/NT 4.0に対応したドライバーソフトがCD-ROMで付属する。

ベースとなる15インチTFT液晶ディスプレーは、視野角が上下/左右170度で、輝度が200cd/m2、コントラスト比が400:1。視野を振った際の色調変化が小さい低色度変位タイプの“Super-IPS”方式の液晶パネルを採用している。色再現の国際規格“sRGB”に対応したモードも搭載する。最大解像度は1024×768ドットで1677万色に対応。水平周波数は31k~61kHz、垂直周波数は50~85Hz。インターフェースはアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)。電源はAC100~120V、AC200~240V。消費電力は35W(節電時3W以下)。スタンドを含む本体サイズは幅384×奥行き171.4×高さ387.2mm、重量は6.2kg。チルト機能は上25度、下3度。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン