このページの本文へ

Tyanがビデオカードをリリース!まずはRADEON 9000 Pro!! Micronからも8500LEが

2002年08月10日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新製品ラッシュがまだまだ続くATI TechnologiesのRADEONシリーズだが、今回新たにハイエンド系のマザーボードベンダであるTyanから「Tachyon G9000 Pro」、そしてメモリメーカーとして有名なMicronの子会社Crucialから「RADEON 8500LE DDR128」が登場した。

Tachyon G9000 Pro
Tyan製「Tachyon G9000 Pro」

 マザーボードベンダからビデオカードがリリースされるのは珍しくないが、意外にもTyanは今まで参入していなかった。そのTyanがビデオカード業界参入第1弾として選んだのがRADEON 9000 Proだ。コアクロックは275MHz、メモリクロックは275MHz(DDR 550MHz)とスペック面は他社と変わりないが、メモリ搭載量は64MBとなっている。ヒートシンクはド派手なものではなく、ごく普通のヒートシンクとファン。最近のビデオカードは見た目の派手さを競う傾向があるだけに、このシンプルな作りは玄人好みしそうだ。メモリが64MBという点が見劣りしてしまうが3Dゲームにこだわらないのであれば、64MBでも十分だろう。USER'S SIDE本店では完売しており次回入荷は未定となっている。ちなみに価格は1万6800円。



Tachyon G9000 Pro Tachyon G9000 Pro
RADEON 8500LE DDR128RADEON 8500LE DDR128

 一方、Micronの100%子会社であるCrucialはMicronのメモリモジュールを販売する会社。そのCrucialから登場したのはRADEON 9000系ではなく、RADEON8500LE。搭載するメモリは128MBで、クロックはコア250MHz、メモリ250MHz(DDR 500MHz)といたって平凡なもの。しかしメモリチップにはMicron製が使われており、この点が他のRADEON 8500カードと大きく差別化されている。逆を言えばこれ以外に特徴がなく、一般的なRADEON 8500LEと大して変わらない。
 気になるのは基板上に「SAPPHIRE」のシールが貼られている点だ。普通に考えればSAPPHIRE製であることが伺えるが、その真偽のほどは不明。こちらも入荷したのは USER'S SIDE本店で1万8800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ