このページの本文へ

ソニーマーケティング、プロジェクト参加型のコミュニティーサイト“Gene.Y”をオープン

2002年08月06日 20時45分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は6日、若い世代のユーザーを対象にしたプロジェクト参加型のコミュニティーサイト“Gene.Y”(ジェネワイ)を同日付けで開設したと発表した。

“Gene.Y”トップページ
“Gene.Y”トップページ(http://www.gene-y.jp)

“Gene.Y”は、参加企業や、同サイトの登録者からの依頼や提案をもとにミッションを決定し、このミッションごとに参加メンバーを募集してプロジェクトチームを結成。チームのメンバーは同サイトの登録メンバーからの意見を取り入れながらミッションを遂行するという、ユーザー参加型のウェブサイト。この経過はサイト内のコンテンツとして動画を織り交ぜながら紹介していく。

サイトの登録者は、サイトでの発言やアンケートの回答など、ミッションに協力するとポイントを獲得でき、このポイントはオリジナル商品やイベントへの参加、サービス利用などに使用することができる。

“Gene.Y”(Generation Y)とは、アメリカで1977年~1990年に生まれた、コンピューターに親しんでいる世代(10歳から24歳まで)の呼称。

現在、ミッション第1弾として次の3つの企画についてメンバーを募集中。

  1. ソニーミュージックから今秋デビューする女性ユニット“Ray Of Light”を、“Gene.Y”を利用して売り出すプロジェクトメンバー。
  2. “ソニードリームワールド”の視察隊。実際にイベントに参加し、アンケートに回答するメンバー200名。
  3. “Gene.Y”の撮影部員。初仕事は9月14・15日、パシフィコ横浜で開催されるソニー製品やサービスのイベント“ソニードリームワールド”の撮影。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン