このページの本文へ

キキ、Xbox用タイトルイ『トライアングル・アゲイン』の発売記念イベントを開催

2002年06月19日 19時07分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)キキは19日、Xbox用ゲームソフト『トライアングル・アゲイン』の27日発売を記念し、都内でファンを招いてのイベント“第1回 株式会社キキ商品発売記念発表会&サウンドLIVE”を開催した。

トライアングル・アゲイン
Xbox用ゲーム『トライアングル・アゲイン』の画面。主人公である灯の初めてのライブシーン (c)2002 KiKi CO.,LTD./HAKUHODO Inc./Oricon Inc.

『トライアングル・アゲイン』は、アニメーションを主体とした物語が展開する中、途中で現れる選択肢によって、物語の展開や楽曲が変わるミュージックアドベンチャーゲーム。天才作曲家を父に持つ16歳の少女である主人公“蓼科灯”が、友人に付き添っていったオーディションをきっかけに、音楽業界のチーフマネージャーに才能を見出され歌手としてデビュー、スターを目指すストーリー。

選択肢には、文章を選択するものと、音の変化を聞き分けて選択するものがあり、歌のシーンではプレイヤーが選択した状況によって異なる楽曲と映像が展開され、さらに主人公の心情によって歌いかたも変化するという。

アニメーションはプロダクション・アイジーグループが担当し、声優陣によるフルボイスで展開される。また、主人公がゲーム中で歌う楽曲など、同ゲームに欠かせない音楽のプロデュースは大坪稔明氏が担当している。27日発売で、価格は6800円。

イベントには、ゲームに出演している声優陣が登場、主人公“蓼科灯”役の今井由香さんはファンに向けて「音楽とドラマが一体化した作品です。ドラマシーンが多いのでやりがいがあると思います。楽しんでください」と語った。

声優の皆さん
ゲームに出演している声優の皆さん。右から、主人公“蓼科灯”役の今井由香さん、“御堂香澄”役のかかずゆみさん、“桐生勝”役の鳥海浩輔さん
大坪稔明サウンドプロデューサー
サウンドプロデューサーの大坪稔明氏。従来からさまざまなアーティストのプロデュースを手がけているが、今回、ソロデビューアルバム『ALL ABOUT TOSHIAKI OTSUBO』(『トライアングル・アゲイン~サウンドトラックVol.1』とオリジナルソロアルバム『Peace of Mind』の2枚組み)を7月24日に発売する。価格は3000円
ダンスパフォーマンス
イベント会場では大坪氏のライブも行なわれた。ノリのいいサウンドと“スタジオFダンサーズ”によるダンスパフォーマンスがファンを圧倒
松岡直也氏とわたせせいぞう氏
大坪氏のライブには、特別ゲストとしてミュージシャンの松岡直也氏(右)と、漫画家のわたせせいぞう氏(左)も登場。なおキキは、わたせ氏原作で、松岡氏が音楽を担当したDVDアニメ『ハートカクテル』を今秋に発売する。価格は2980円
トライアングル・アゲイン試遊台
イベント会場には『トライアングル・アゲイン』の試遊台も用意され、ファンは発売よりひと足早くゲームを楽しんでいた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン