このページの本文へ

ホイールが赤く発光するThinkPad風のマウスはいかが?

2002年03月15日 20時32分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
33L3248
「33L3248」。IBMのロゴ入りだ

 接続したその時からホイールが赤く光を放つという、サイバーな雰囲気全開の黒い光学式マウスが販売中だ。IBM製「Optical Travel Wheel Mouse」(型番:33L3248)がそれで、今年に入ってから数回ほど若松通商PS/PLAZA店頭に入荷したものの、そのたびあっという間に完売となってしまい、なかなか店頭で“在庫アリ”の状態にならなかった製品。IBMの製品情報を見てもどかしい思いを抱いていた人には待望の店頭販売となった。



表面加工

 同製品は赤く光るホイールだけでなく、表面の加工も特徴的。というより、マット加工された表面は“ThinkPadブラック”そのものだ。独特のザラっとした手触りはなんとも高級感があり、実に所有欲を刺激するデザインと言えるだろう。サイズは“Travel”の名のとおりモバイル向けに小ぶりとなっており、重量は94g。なお、インターフェイスはUSB/PS/2の両方に対応するが、IBMでは「USBポートに接続すると、ホイール部分が赤く光る」としており、PS/2接続時にはホイール部のLEDが機能しない可能性があるのには注意したい。



非通電時 底面
非通電時のホイール部は灰色底面から。手と比較すると小ささがわかる
店頭販売中

 15日現在、在庫を確認できているのは同店とUSER'S SIDE本店で、価格はともに4800円。光学式マウスが初めて登場して以来、久しぶりに部屋を暗くして楽しんでみたい気持ちにさせてくれる製品だ。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ